<<前のページ | 次のページ>>
2009年1月24日(土)
公立小学校英語教育・授業内容はどうあるべき?
小学校英語授業に親(保護者)や子供(小学生)が求めるもの・期待するものって?
今行うべき小学校英語教育とは?

みいちゃんママ(妹尾佳江)



★ 『みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD全10巻』はこちら ★


公立小学校英語授業が、

日本のあちらこちらで行われるようになりました。

その為か、

小学生を持つ保護者のみなさま、小学校教師のみなさまから、

多様なメールをいだだきます。

(このところ、少々苦笑するものも多いですが…。)

保護者のみなさまからは、不安や失望の声。

小学校教師のみなさまからは、

何をどうすればよいのかわからないという戸惑いや怒りの声。






これらのメールを夜、一人で冷静に読んでいると、

みいちゃんママはこんな風に思ってしまうのです。



小学校の先生方は、生まれて初めての試みをしている。

ですから、当然、

失敗は、必ずしてしまうのです。

失敗は、あって当然なのです。

今は、それを大きくあげつらい、非難すべき時ではありませんね。



今は、失敗を糧に、英語授業に改良を重ねていくべき時期なのです。

保護者や教師が、みなで知恵を出し合うべき時なのです。



小学校の先生方は、現段階では、

みな一応に英語教育に関しては、全くの素人。



保護者のみなさまは、その事実を忘れないでくださいね。


つまり、今現在、英語ど素人の小学校の先生に、

英会話スクール講師並のレベルを求めるのはまちがいです。



小学校というのは、生徒が週に5回も学校に来てくれるという、

ひじょうにめずらしい唯一の場所ですね。


語学(英語)を学ぶのに、

こんなに最適な条件をそなえている場所は他にはないのですよ!


しかも、授業料はいらない、タダなのです。


この公立小学校最大の長所を生かし、

英語難民とも思える日本の子供達に、

英語授業を展開、実践していただくことをぜひ考えねばならない。


みいちゃんママは、日本の公立小学校は、

週に1コマを使って、

英語授業を行うことにこだわらなくても良いと考えます。


それよりも、

5日間かけてじっくり1コマ分(45分程度)を消化していただきたい!


つまり、1日に10分程度をさいて英会話の1~2文章程度を、

子供達が言えるようになることを目標に授業をすすめていただきたいのです。



英会話スクールで、1週間にたった1時間だけ英語を勉強する場合をとってみたって、

子供が1週間なにも復習しなければ、

たいした効果は得られませんね。


ほとんどの子供達は、きれいさっぱり既習事項を忘れてしまいます。

残念ですが、講師陣の苦労は、ほとんど水泡に帰してしまうのです。


ですから、公立小学校英語教育においては、

毎日決まった時間、

たとえば、朝の10分や、給食時間の10分をつかって、

確実に、前日やったことの復習と、

今日の1文などを確実に言える様にするほうが効果は高い!




そうすれば、先生方も授業準備は気分的に楽ですし、

子供達も気負わずに英語を学べる。

特に、集中力に欠ける子、記憶する、理解することが苦手な子には、

むしろこの方が適しています。



小学校の教師や子供達が、

過度な負担を強いられるような授業形態を強要しないことが大事です。



公立小学校英語授業においては、

普通、週に1回しか行われない英会話スクールのレッスン形態を参考にしたり、

お手本にしたりする必要は全くありません。



小学校英語独自の授業形態をとるべきです。

小学校英語授業の強みは、

生徒に毎日英語学習をさせることができるという点にある。


そこを大きく生かした、学習プランをたてれば、

楽に効率よく英語授業を展開できるのです。


ぜひ、これに気づいていただきたいと思います。

どうすれば、生徒に実力がつくか?

どうすれば、小学校の先生の負担を減らせるか?

ここを常に追求し、無理のない授業プランをたてていただきたいと思います。



みいちゃんママは、

文字や発音に全く触れぬまま、

動物の名前などを小学校でやみくもに教えることに、

たいした意義を感じません。


カバは、英語でなんと言うか?

キリンは?

ゾウは?

といったことを小学校で、やたらとめちゃくちゃな発音で、

教えてもらいたいとは思わない。



みいちゃんママには、

他にもっと教えてもらいたいものがたくさんあります。


例えば、

朝、お友達や先生と顔を合わせたら、

英語でなんとあいさつするか?

帰りの挨拶はどう言う?


など、欠くことができない必要最低限の簡単な基本の英会話を、

毎日1~2文づつ、

みなで言い合う練習をしてほしいな~
と思います。

先生を呼ぶ時には、

Mr. Ms.をつけて、

などといった類の基本もぜひ小学校で教えてほしいのです。



教えてもらった英文は、子供達が毎日日常に生かせるような、

そんな英語を教えてやってほしいと思います。



ひじょうに単純ですが、欠くべからざる公立小学校英語教育とは、

このような教育だと思うのです。


小学生をお持ちの保護者のみなさまは、

みいちゃんママのこの意見、いかがお感じになりますか?



日本の小学校英語がどうあるべきか?

他人まかせにせず、しっかりと、どうあって欲しいのか?

を保護者一人一人が考えるべき時です。



学校のPTA(学級懇談会)などで、

せひ活発に意見交換していただきたいな~と思います。




不平、不満をただ言うだけ、

先生をただ袋叩きにするだけの保護者って最低です。

子供にとってより良い英語授業案を提案できる保護者、

であっていただきたい。




世の中には、代替案をかかげること無く、

ただ文句をいうだけの方が結構いらっしゃいます。

あれって、うるさいこと限りなしです。

毒にはなっても、薬にはならない。




それなりの代替案もなしに、

不平不満だけを並べるのは、ひじょうにたやすいことです。

そんなことは誰にでもできるんです。


だから、どうせねばならないか?

それを具体的につめていかねば、現状は変わらない。

日本の子供達の英語難民率は、低くはならないのですよ。


今、日本の小学校教育に必要なのは、

みなで良い知恵・アイデアを出し合うことです。

これに、エネルギーを使うべきですね。





≪おまけ情報≫

★ バレンタインカード・メール用メッセージ例文・文例集はこちらですよ~。


★ みいちゃんママの英語教室の子供達が書いたバレンタインカードメッセージ


★ みいちゃんママの専門 『フォニックスって何?』 はこちら


☆ みいちゃんママの英語教室・発表会・パーティー紹介はこちら









みいちゃんママのレッスンこぼれ話・バックナンバー一覧はこちら


みいちゃんママの英語教室TOPに戻る

サイトマップ




体験・入会希望者向けページはこちら





教室紹介ページはこちら




おすすめ英語教材ページはこちら


メッセージカード・例文集はこちら




児童英語教師向けページはこちら

英会話教室運営ノウハウはこちら





みいちゃんママのメルマガ・ブログ・無料レポート




フォニックス・英語発音・英語学習法に関するページ





みいちゃんママの英語劇台本

レッスンこぼれ話




リンク集

その他情報




←みいちゃんママの英語教室topへ | 募集状況 | 無料体験申込 | 地図 | 無料体験スケジュール | クーポン | お問い合わせ | はじめに | クラス&料金&テキスト | パーティー | ポリシー | きまり | 英語教室の賢い選び方 | おすすめ英語教材 | ハロウィン英語教材CD・DVD・絵本 | クリスマス英語教材CD・DVD・絵本 | 電子英語辞書の選び方 | レッスンこぼれ話 | プロフィール | おすすめ語彙力向上・英単語早覚えお助けサイト | おすすめ英語オンライン講座 | フォニックス | きれいな英語発音のコツ |  英語学習法 リスニングのコツ |  質問にお答えします | リンク1&2 | リンク3 | リンク4 | リンク集5 | 簡単相互リンク | サイトマップ | へんちょこりん指導語録 | 英語ことわざ集 | みいちゃんママ御用達ショップ | 英語教室経営ノウハウ | 子供をバイリンガルに育てる方法 | おすすめ無料レポート | みいちゃんママの英語劇台本 | 児童英語検定 | おすすめクリスマスプレゼント | バレンタイン英語教材 | 英語ゲームソフト | 英語文法教材 | 英語検定教材 | TOEIC教材 | 英語劇台本かちかち山 | 英語メッセージカード例文集 |

教室概要     特定商取引に関する法律に基づく表示   プライバシーポリシー
Copyright(c)  みいちゃんママの英語教室  All Rights Reserved.


みいちゃんママのレッスンこぼれ話

inserted by FC2 system